のぼりを使って効率的に集客数をアップさせるなら、のぼりの種類と配置の仕方が成功のカギを握ります。ここでは、業種に見合ったのぼりの種類の選び方とお客様が来客したくなるような配置の仕方について解説します。

のぼりの種類

のぼりの配置方法

もっとも効果的な間隔は

のぼりを効果的に配置することで、集客率向上につながるため、適切に判断してください。あまり密集しておくと風にたなびかず、見た人からもあまりいい印象を与えられないでしょう。また、あまり離れすぎていても…

Read more »

目的によって配置を変える

広告媒体の一種であるのぼりは軽量で扱いやすいため、自由に置き場所を変えることが出来ます。また、照明付きの据え置き看板とは異なり、電源を確保する必要が無いのも置き場所の選択に制限が無いことも特徴の一…

Read more »

同じ種類か同系色か

集客率を高めるための同系色

集客効果が高いのぼりの配置方法は、地域の環境によって大きく異なります。適切に配置を行うことで、集客率が1.5倍から2倍に高まる可能性があるでしょう。 地域や地の利によっても異なりますが、同じカラーで違った物を配置することで、お店に対しての認知度は高めることができます。同じカラーで違ったアイテムを紹介している場合、その店のカラーについて認知度が高まり、アイテムよりもお店に対しての統一感を与えられるからです。 とくに自動車や電車からのぼりを見る場合、カラーだけで判断する人も少なくありません。統一感のあるのぼりはお店への認知度を高めるのにもってこいといえます。また、徒歩でのぼりを見る場合には内容をはっきり理解してもらえるため、訴求力も高いでしょう。

集客率を高めるために同じ物を配置

最も集客率を高めるための方法としては、統一感のあるのぼりの配置が重要といえるでしょう。統一感を出すためには全てののぼりを同じ物にして、等間隔で並べることです。同じアイテムをずっと配置することによって、自動車や電車で通りすがりに見る人にも、おすすめ商品をわかりやすく案内できます。 とくにおすすめにしたいメニューやアイテムがある場合には、おすすめにしたいものだけ別ののぼりにしましょう。カラーや字体が違うことで、統一感のあるのぼりの配置にアクセントが加わり、訴求率を高めることにつながります。顧客に新商品や季節商品を案内したい場合には、統一感のある中に1つか2つだけ、おすすめのアイテムを配置させることが集客率を高めるポイントとなるでしょう。

© Copyright Different Types Of Banner. All Rights Reserved.