もっとも効果的な間隔は

理想的とされる間隔を理解しよう

のぼりを効果的に配置することで、集客率向上につながるため、適切に判断してください。 あまり密集しておくと風にたなびかず、見た人からもあまりいい印象を与えられないでしょう。また、あまり離れすぎていても目に留まらず、訴求率が低くなるため注意してください。 車と徒歩の人間に訴えやすいもっとも適切なのぼりの配置としては、1本ののぼりとのぼりの間を1m80cmに配置することが理想といわれています。実は日本人が昔から慣れ親しんできた尺貫法の単位の一つ、1間(いちげん)と呼ばれる単位で、見易さとわかりやすさが兼ね備えられた距離です。 店舗の周囲や環境によって設置できる本数は異なりますが、理想的な配置の感覚を理解して配置することにより、人に見てもらいやすいでしょう。

理想的な間隔にどのように配置するか

理想的な間隔を理解してのぼりを配置することで、より多くの人に見てもらいやすくなりますが、更に見てもらいやすくするためにはのぼりの色や文字に対しての工夫も必要です。
売り込みたい文字や商品が書かれたのぼりを、同系色でまとめて等間隔に配置するか、同じ文字でカラフルな配置にするのかによって、店舗に対する客のイメージが大きく変化するでしょう。また、季節商品を売り込みたいのであれば、季節商品を一定間隔で1本ずつ設置することで、訴求率が飛躍的に高まります。
利用しやすい配置と売り込みたいアイテムによって、設置する方法は大きく異なるため、事前に確認して設置しましょう。
また、店舗によっては縦型、横型、扇形といった形での設置も可能です。単純に縦で設置するだけでなく、集客への効果を考えて設置することが重要です。

© Copyright Different Types Of Banner. All Rights Reserved.